SONY Xperia Ear Duo 自分だけに挿入歌が流れてドラマ気分

ソニーの例のヤツ、Xperia Ear Duo(XEA20)を試してきました。

いやー凄い。
こっちには音楽と外の音がちゃんと聴こえてるのに相手には音楽が聴こえてない。
ジャーマンメタル流してもハードコア流しても相手には聴こえない。

音質語り出したらそりゃ物足りないが、高音質で聴きたいのに外界音も聴きたいなんてニーズ無いでしょ。という事で必要十分と評価。一応フォローしとくと音の粒はなかなかの品質出してます。

といいつつも音質のことは語りたくなっちゃうのがサガ。
スペックを見ると周波数特性は「60-16,000Hz(44.1kHzサンプリング時)」とのこと。
人間の可聴域は20Hz-20,000Hzと言われてるので正直言って狭い。とかいう前に耳穴にガッチリ装着する感じのイヤホンではないので高音も低音も逃げていってしまってるように感じた。

その対策として耳にグイと押し込むと逃げてた音を取り戻せて音質向上するが、耳に入れる部分のイヤーチップは交換できるものの、本体の角度を変えるとか曲げるとかはできないので押し込んだ状態をキープするのは難しい。音質は一通りあがいたら諦めた方が良さそう。

つまるところ「仕事や家事しながら音楽聴くけど話しかけられても大丈夫」がやはり正しい使い方と思われる。

 

このイヤホンは音楽を聴くためだけのものではない。Bluetooth接続しているスマホの操作もできるのだ。
Xperiaと銘打ってるもののiOSでもある程度操作できるらしいが、今回試したとこではボリュームくらいしか上手くいかなかった。Siriに話しかける事ができるが、起動はスマホでやらなきゃいかん仕様。これはイマイチですな。
Androidでは色々操作できた。

装着イメージを見てもらえれば分かる通り、本体が加齢臭源泉に当たるのでオッサンは定期メンテナンス必須。
同様の理由からジムでの使用もオススメしない。

 


この本体、ホントに重さを感じない。重さは片耳10.6gだそうだ。軽い軽い。
そして首をどう振っても取れる気配がない。この点は文句なしの優れもの。
右耳に装着するときは、イヤホンを左手で持って右手で耳たぶ引っ張ってはめ込む、という付け方だそうだ。もちろん反対のはこれが逆になる。

僕の生活では出番無いかもだが、一番魅力に感じたのは、このイヤホン同士で同時通話ができるという機能。
張り込み捜査やテレパシーのマジックなど各所で大活躍しそう。

また、誰も賛同しなさそうだが、このイヤホンに普通のイヤホンをさらに重ねれば同時に2曲聴けて音楽ライフも2倍2倍と思った。これまで左右違うイヤホン挿したり、1つの耳に2つのイヤホン無理矢理入れたりしてきたがこれで万事解決するわww

このイヤホンを使って
・5分おきに『お前は最高。世の中のやつは誰もそれに気づいてない』と囁いてくれるアプリ
・いろんな動きや振動をマリオの効果音に変換してくれるアプリ
・あの曲が頭から離れないを意図的に起こす遊び
・走り出すと『ラブストーリーは突然に』が流れ出すアプリ
・AIが副音声ノリで好き勝手話してるアプリ
・話し終えると『のちの坂本龍馬のことである』とか『この時はまだあの楽しい日々が続くと思っていた』とナレーションしてくれるアプリ
・一切正しくない同時通訳アプリ
など下らない事がたくさんできそうです。

誰か作ってください。

スポンサードリンク