Daydreaming / Choose me / BAND-MAID (2017)

 

 
発売してから日が経ってしまったけども、BAND-MAIDの3rdシングル「Daydreamin / Choose me」のレビューをしちゃおう。
 
このシングルは3曲入りで、タイトルの2曲が両A面扱い。
CDで何がA面だっちゅう話ですが、気持ちはそういうことだそうだ。両A面の2曲は発売前にMVが公開されているので、正直いって散々聴いてある曲なんだけども、何度でも聴けちゃうシングルなのね。
 
深く考えずに行ってみよー
 

1曲目:Daydreaming

一つ目のA面はバラード。
彼女たち初のバラード曲(らしい)はオルタナロック、ハードロック、EDM的なサウンドやアレンジと色んな要素を持った意気込みたっぷりの曲。曲の進行はベースMISAが根元から引っ張り、ドラムAKANEが様々なリズムパターンでアクセントを入れていく、BAND-MAIDの王道アレンジ。何度も書いてる気がするけどもこのバンドのリズム隊は存在感が大きい。
 
これまた以前のブログでも書いたけども、Aメロ・Bメロの低いメロディを歌うボーカル彩姫は、安室奈美恵を感じさせる。
続いてギター小鳩ミクによる「Daydreaming, dreaming of you」のリフレインでサビ前を十分に温めたところで、乗り込んでくるサビに否が応でもアガる。
 
サビは彩姫にとって、高くて厳しい音程ではない。
そんな余裕のある高さでありながらも刺さる歌を聴かせるなんて、いよいよ匠の域に達してしまったんですか、彩姫さん。素晴らしすぎます。
 
二番はAメロ・Bメロときて、サビに入らず切り裂くようなギターソロへ。
先に言っちゃいますがこのソロはKANAMIベストソロTOP5入り確実。
 
KANAMIお得意の開放弦を織り交ぜたシーケンスフレーズからエモーショナルな速弾き。
全曲に必ずギターソロがあるBAND-MAIDの曲だけども、その中でもこのギターソロは伸びやかな歌メロに対して驚きを差し込むスリリングな構成で光る。起承転結の「転」だね。よくできてて良いクサビになってます。前言撤回、TOP3入りだな。
 
とまぁ、こりゃBAND-MAIDの新たな魅力を打ち出す見事なシングルだ!と思ったらまだあるんです。だって両A面だもの。
 

2曲目:Choose me

もう一つのA面曲はスピード感のある8ビートなハードロック曲。
えー・・・この曲はね・・・現時点のBAND-MAID最高傑作だよ。この曲を聴いて、乗ってるバンドは違うと思った次第ですよ。
 
バンドがガツンと入るまでの冒頭15秒の間にボーカルだけで魅了する説得力・存在感。去年のBAND-MAIDにはこんなのできなかったんじゃないか。とかいって僕がこのバンドを聴き出したのは年初だったりしますが。
 
よく聴いてみると声色を使い分けてんだよね彩姫さん。
Aメロは舌っ足らず気味な可愛げな声で。Bメロ・サビは張りのあるロックボイス。でもアルバム「Just Bring It」までのロッククイーンが姿を現すのは最後の最後。ラスト15秒だけ。
 
曲はバンドが入ってそこからラストまでジェットコースターロック。ちらっと聞いた友人が「なにこれ、カッコ良すぎるでしょ」と思わず漏らした。ダダ漏れオムツ必携。そう、カッコ良すぎる。 
 
単調になりがちなストレート8ビートロックをここまでカッコ良く仕上げてるのはズバリ、ドラム。
 
Aメロで8小節ごとの頭に入るオープンハイハット、サビに入る手前2小節を丸々叩きまくるドラムフィル、その対比で他の部分でのフィルは超シンプルにしてたり、シンコペーションのシンバルを入れる部分をボーカルとぶつからないように外したり、ここぞというところで合わせたりと隅から隅まですごい。
 
誰のアドバイスも無しにこのドラムを組み立ててるなら驚愕。
AKANE様とお呼びして、たてまつって、あがめて、ひれ伏すしかない。何よりこの8ビート、こんな風にドライブさせて叩ける人なかなか居ない。このドラムに遊びの部分が混じってきたらもはや誰も手に負えない。いやはや素晴らしい。
 
このシングル全体の話だけどもドラムの録音品質が向上していて嬉しい。
これまでアタック音ばかりであまり聴こえてこなかった各ドラムの胴鳴りがビンビン響き、シンバルの周囲の空気も録音されている。BAND-MAIDサウンドの最大の魅力はドラム。ドラムAKANE様の確かな実力が奏でる疾走感、メリハリが他のバンドとは違うサウンドを生み出している。
 
ギター、ベースももちろん音質向上している。アルバム「Just Bring It」もこの音質で提供してほしいもんだ。
 
ギターソロは過去曲フレーズの総集編的な構成で、ベスト盤のトレイラ―映像みたいに上手に仕上がってます。真新しさはないけど優秀な一品。KANAMIさんもまたナイスです。
 
と、演奏テクニック的な部分ばっかりの評価になってしまったけども、この曲は脂乗ってる。ンマいです。大トロ。
 

3曲目:Play

唯一のB面?曲。ベンチスタートのサブメンバーである本曲は元々インスト曲の予定だったものに歌詞をつけたとのこと。なるほど、そういう頭で聴いてみるとちょっと無理のあるところがそこかしこに。
 
ザクザク刻むギターとユニゾンしてゴリゴリのベースが唸る。ドラムだってベタベタにバスドラ踏みまくる。
こりゃ音響の悪い会場だったら何も聴こえないぞ、なんて余計な心配をしてしまう。
 
この音密度の高いバンドの中をボーカルが走っていく。
A・B・Cメロを経てのサビという曲なんだけども、Cメロからのサビ、サビからのメインリフへの戻りの部分にぎこち無さをどうしても感じるなぁ。熟成が足りないカレーみたいだ。
 
サビも「いぇいいぇい」と「らららら」と「うぉううぉう」しか言ってないしなぁ・・・
 
二番サビ終わりでベースとギターの掛け合いが入る。
ベースはゴリッゴリで挑戦的に迫るのに対して、ギターのその「いきなり振られて困った」みたいなフレーズはなんなんだ!
ここまでの2曲はギターソロをベタ褒めしたけどもこれは解せない。全く解せない。
 
消化不良な掛け合いを終えて、コード進行を変えたCメロを挟んで三度目のサビ。
そしてこの曲中、唯一「おっ」と思ったDメロが来るも、やっぱりぎこち無い切替でメインリフへ戻って終焉。
 
うううう。この曲・・・ライブは勢いで盛り上がれるかもしれないけど、他の曲と比べると厳しいな・・・
 
 
 
という3曲が1枚にギュッと収まって絶賛発売中です!
 
しかも初回限定CDには、2017年始に行われた赤坂Blitz公演のライブ映像が!!!
(iTunes等、ダウンロードものにはもちろん付いてないのでご注意を)

Daydreaming / Choose me - Single

750円
(2017.09.09時点)
posted with ポチレバ

Related Post

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket