参戦10回の信者が教えるタワーオブパワー ライブ予習法

傾向と対策:2017年5月のセットリスト

2017年5月21日(日)の1stステージはこんなセットリストでした。

  1. We Came To Play
  2. Soul With A Capitol ‘S’
  3. (To Say The Least) You’re The Most
  4. You Got To Funkifize
  5. This Time It’s Real
  6. Get Yo’ Feet Back On The Ground
  7. James Brown Medley (Diggin’ On James Brown含む)
  8. So Very Hard To Go
  9. What Is Hip?
  10. You’re Still A Young Man

 

興奮しました!踊りました!一緒に歌いました!酔いました!!

では、これらの曲を押さえておけばTOWER OF POWERのライブ予習は万全か。

甘い。

 

続いて行われた2ndステージのセットリストはこちらです。

  1. I Like Your Style
  2. Ain’t Nothin’ Stoppin’ Us Now
  3. You Ought To Be Having Fun
  4. Only So Much Oil In The Ground
  5. You Strike My Main Nerve
  6. Just Enough And Too Much
  7. As Surely As I Stand Here
  8. Soul Vaccination
  9. This Time It’s Real
  10. So Very Hard To Go
  11. What Is Hip?
  12. Souled Out

 

をいをい。全然違うじゃないか。

カブってる曲を色塗りましたよ、3曲だけですよ。

 

そうなんです。

サービス精神旺盛な彼らは1stステージと2ndステージでは全く曲目が違うのです。2回ぶっ通しで観てもOKよ?と言わんばかりに。ただ、この2ステージ分を押さえておけばライブで演奏するだろう曲はほぼ網羅できる。

 

では、ライブの予習に最適な学習素材はどれなのか。
答えはやはりライブアルバムですな。

 

一番のオススメは1999年に出た「Soul Vaccination Live」

1曲はボーナストラックなので除くとして、ライブ収録されている15曲中11曲が上記2ステージで演奏された曲、残る4曲も次の日の5月22日(月)には演奏されたので、ハズレ一切なし! 手軽に1枚で済ませるならばこのアルバムで決定でしょう。

  1. Soul With A Capital ‘S’
  2. I Like Your Style
  3. Soul Vaccination
  4. Down To The Night Club (Bump City)
  5. Willin’ To Learn
  6. Souled Out
  7. Diggin’ On James Brown
  8. To Say The Least You’re The Most
  9. You Strike My Main Nerve
  10. Can’t You See (You Doin’ Me Wrong)
  11. You Got To Funkifize
  12. So Very Hard To Go
  13. What Is Hip?
  14. You’re Still A Young Man
  15. So I Got To Groove
  16. Way Down Low To The Ground

 

オレンジが5月21日に演奏された曲、グリーンが翌日5月22日に演奏された曲。どうですこのカバー率!

 

逆の視点からも見ておこう。セットリストが見つかった今回の東京公演(3日間6公演)と2015年8月、2014年5月の曲目がどれくらいカバーされてるかをまとめた画像がこちら。クリックするとデカい画像で開きます。

概ね1stステージなら70%、2ndステージでも50%がカバーできている。

1枚でお手軽に予習するなら十分の成果でしょう。

 

 

もっと色々聴きたいぞ、映像も観たいぞ、という欲張りさんには2008年に行われた40周年記念ライブ「40th Anniversary」があります。2011年には出てたはずなんだけどもCD+DVDが初なのかな? 2017年7月12日に入荷予定とAmazonさんが言っています。

 

ただし、このアルバムは要注意。

40周年を記念して歴代のメンバーが大集結したライブで、会場の熱気が凄まじく演奏も極上、ホーン隊なんかは多い時は10人並んで大迫力の演奏を繰り広げてる。スペシャルすぎるし名演すぎるのです。

これからアナタが観に行くライブはこれを超えることはできないかもしれない。もちろん必聴必見なのですが、ライブの予習としては2番目の候補としておきます。

 

  1. We Came to Play
  2. Soul With A Capitol ‘S’
  3. Can’t Stand to See the Slaughter
  4. Down to the Nightclub
  5. It’s Not the Crime
  6. You Got to Funkifize
  7. As Surely As I Stand Here
  8. So I Got To Groove
  9. This Time It’s Real
  10. Souled Out
  11. Time Will Tell
  12. Only So Much Oil In The Ground
  13. Credit
  14. A Little Knowledge (Is a Dangerous Thing)
  15. What Is Hip?
  16. You’re Still a Young Man
  17. Knock Yourself Out

 

オレンジが5月21日に演奏された曲、グリーンが翌日5月22日に演奏された曲。

“We Came To Play” “As Surely As I Stand Here” “Only So Much Oil In The Ground” が「Soul Vaccination Live」にはない曲。色が塗られていない曲が多いけども “Time Will Tell” “Credit” “Knock Yourself Out”あたりは突如演奏されることもあるので全くの圏外ではない。

 

次ページでは「エピローグ: 思わぬ出会い」を紹介。最後の最後に驚きの出会いが!

Related Post

スポンサードリンク