参戦10回の信者が教えるタワーオブパワー ライブ予習法

   2017/08/19

低迷期を乗り越えて訪れた第2次黄金期

低迷していたTOWER OF POWERは、80年代後半に入り、時代が望む音と彼らのファンク、ソウルを合わせたアルバムを発表し徐々に息を吹き返し、ついに93年「T.O.P.」で完成形を作り上げる。このアルバムが重要。テストに出るどころかこのアルバムで長文筆記問題が出る。

アシッドジャズを意識したと思われる乾いたタイトなドラムにボツボツこもった音で縦横無尽に駆け回るベースが乗り、鋭いブラスセクション、エネルギッシュなボーカルがグイグイくる。

ハデで全部のせで大汗かくライブとは一風変わって激しくオシャレ。今から入門する方にはオススメしたいアルバム。

ライブには欠かせない曲となったアルバム一曲目”Soul With A Capitol ‘S'”はいつ聴いても心躍る。オープニングのホーンズとバンドのキメは、バラエティ番組のアタックSEとしてもよく使われてましたなぁ。

“I Like Your Style”もライブでよく演奏されるオシャレな曲。スタジオ盤のCarmen Grilloのギターソロは名演。色んな人のギターソロをライブで聴いたけども原曲の流麗な調べを再現もしくは超えることができた人はいないと思う。


このアルバムをキッカケにT.O.P.は再び注目を集め、アルバム制作やライブ出演が活発化した。日本にもこの頃からほぼ毎年のペースでライブをしに来てくれるようになった。

T.O.P.はブラック企業!?

色んな人と書いたけども、そう。そうなの。TOWER OF POWERはメンバーチェンジが多い。

バンド結成時からの初期メンバー、10年選手級の中堅メンバーもいる一方で、ライブに行くたびに「あれ?代わったのか」という事が毎回起きる。

メンバーの脱退理由は大概が「家族との時間を大切にしたい」

TOWER OF POWERは在籍するだけでも名誉な事と聞いた事があるけども、その反面職場環境はそれなりに厳しいようだ。

何が厳しいってライブの本数。
6月の時点で、6月は9本、7月は1本、8月は10本、9月は3本、10月は11本発表されている。7月はかろうじて夏休みか。

これが20代そこそこの売り出し中アーティストなら分かるけども、T.O.P.は50年選手なのを忘れちゃいけない。

お爺ちゃんも数人いる中で年間100本かそれ以上のペースは異常だ。しかもそれを何十年続けてるんだって話。

どんなに楽しくても稼げても脱退したくなるのは理解できる。家族との時間を大切にしたくなる。

という事でT.O.P.はメンバーチェンジが多い。wikiによれば現在のメンバーは10人、これ以外に過去在籍してたメンバーは54人もいる。49年間で64人が在籍しているバンド、、T.O.P.はブラック企業かもしれない。ま、冗談ですが。

 

次ページでは「2017年5月の来日メンバー」を紹介

Related Post

1 2 3 4 5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket