【ライブ予習用】BAND-MAID 2017春ツアーセットリストを分析した

   2017/08/19

“Don’t you tell ME” はライブの幕開け曲が定位置になった。

アルバムでも1曲目だし、だろうなと思う一方で、大好きな曲なのでPAの調整が安定する前に披露されてしまうのはちょと悲しい。いくらリハで調整してあっても客が入ると全然音が変わるし、他の要素も含めて「今日はどんなもんだろうね」というのが1曲目なんだよね・・・そこがつらいところ。
この曲は当分ライブのトップバッターを務めていくでしょう。

アルバム「Just Bring It」に収録されてます。MVもあります。

 

ライブの締めは多少違いはあれど “alone” “Don’t let me down” “you.” “secret My lips”で構成された。

“alone” “Don’t let me down” は彩姫と小鳩ミクのダブルボーカルが光る2曲、”you.”と”secret My lips” は観客を巻き込んでの大合唱2曲。ふむ、こうして分析するとわかりやすいなw
この4曲は外せない。ライブを楽しむためには必ず押さえておきましょう。

“you.” はアルバム「Just Bring It」で、それ以外はMVがあるのでyoutubeで予習。

 

 

“FREEDOM” でライブは最高潮になりラストに向かって駆け抜けていく。ツアー初日は19曲中9曲目に配置、早すぎたか。

“FREEDOM” のサビは、ベースドラムが四分打ち、いわゆるダンスビート。そりゃ否が応でも盛り上がる。初日はかなり早めに投入されてきたので「これが若さなのか!!!」と腰が抜けたが、最終日になったら妥当な配置になっていた。客も息切れしちゃうよね。
この曲は必聴です。覚えておいて飛び跳ねるのです。このyoutubeでどうぞ

 

 

初日では演奏しなかったが、それ以降は小鳩ミクがボーカルを取る “TIME” がリストに入って、彩姫の休憩タイムが生まれた。

これはライブとしては良し悪しありそう。初日のぶっ通し具合からすると彩姫に休憩なんて必要そうになかったが、ツアー続けてく中でシンドくなったのかな?
ただ、この曲は小鳩さんがメインボーカルで押しが弱いので、みんなでコーラス入れて盛り上げないと、ライブ自体が小休憩になっちゃうようにも感じた。

この曲はアルバム「Just Bring It」に収録されてます。

 

なんてのが分析というか、イチイチうるせー評価なんだけども、まぁとにかく10日経ってなお楽しかったなぁ、また観たいなぁという募る思いがここまでのしょうもない文章を書かせてくれたのでした。

 

まとめ:結局どう予習するのか

ツアーの分析をしながら今後のライブでその曲がセットリストに入ってきそうかを書きましたが、みなさんの知りたいところは「結局どう予習すればいいのさ」というところだと思います。

 

非常にシンプルです。

2ndシングル『YOLO』

1stフル・アルバム『Just Bring It』

3rdシングル『Daydreaming / Choose me』(2017/07/19発売予定)

 

この3つを押さえておいて、その他は分析で触れた旧曲のMVをyoutubeで見ておけば、網羅に近いレベルでカバーできます。

 

「Just Bring It」「YOLO」は買ってください。

 

Apple MusicやGoogle Play Musicに会員登録してるならアルバムがあるので聴けます。この2つには「YOLO」もあります。

 

spotifyはダメ。

こちらには上の2つには無い、最初期の

1stミニ・アルバム 『MAID IN JAPAN』

1stシングル『愛と情熱のマタドール』

がありました。でもこの2つからは全く演奏されませんので、聴いてみたい人だけどうぞ。

 

最新シングル「Daydreaming / Choose me」は3曲収録ですが “Daydreaming” “Choose me”はyoutubeにMVがあります。

 

だがしかし!いまアナタがこのブログを読んでいるのが発売日7/19の前か少し後なら、迷わずこのシングルの初回限定盤を買ってください。

 

なんせ特典としてライブDVDが付いてきます。最近よくある特典の方が高価なんじゃないかパターン。

 

 

特典DVDに収録されているライブ曲は

・REAL EXISTENCE
・Before Yesterday
・Take me higher!!
・the non-fiction days
・Don’t you tell ME
・alone
・YOLO

予習にピッタリじゃないすか。

Related Post

1 2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket