マイリー・サイラスの父、ビリー・レイのあの大ヒット曲から25年

   2017/08/19

朝から軽く凹んだ。凹んだのでブログ更新する気になった。

Billy Ray Cyrusの” Achy Breaky Heart “から25年だってよ・・・四半世紀。

 

 

ビリー・レイ・サイラスは1992年に大ヒットを飛ばしたカントリーシンガー。

 

そういえばマイリー・サイラスが出てきた時に、「へぇ〜 ビリー・レイ・サイラスの娘か!」と驚いたが、この驚きを伝える相手がいなかった。

 

さてその頃、僕はドイツに居たと思う。ヒマがあればMTVを観て音楽を楽しんでた。92年というとまだまだハードロックがメジャーでポピュラーな存在でMTVでもGUNS’N’ROSESやMR.BIG、EXTREMEなどがガンガン流れてた。

その中に混じって流れてきたのが” Achy Breaky Heart “だった。

 

 

至極単純な曲でほとんど2コードで演奏できちゃうカントリーロック。和音を2つ覚えれば誰でも弾けるっつーことだ。

これが病みつき要素なんだろね。単純な繰り返しに、一回聴けば忘れないメロディ。僕もすぐにハマった。

この曲の大ヒットに導かれて彼のデビューアルバム「Some Gave All」はビルボードカントリー部門で17週連続1位を獲得し、全世界で2000万枚以上売り上げたという。はい、ワタクシも買いましたよ。

 

この曲のyoutube再生回数は3200万回を超えてる。

youtubeがない頃の曲がこれだけ再生されてんだから、ふと思い出したり聴いてみたくなった人、新たにハマった人がたくさん居るんだろう。後世に伝えたい名曲かどうかは置いといてもこりゃ凄いことだ。そんなスマッシュヒットをリアルタイムで知り聴く事ができたのはちょいと嬉しい。

 

さぞかしこの曲の印税で儲かったんだろうと調べてみると、作曲者は別の人、Don Von Tress。カントリー系の作曲家。ネット上にはあまり情報がないので推測だけれども、彼の楽曲で唯一圧倒的に成功したのが” Achy Breaky Heart “のようだ。Don自身は2002年に「Straight And Narrow」というアルバムを発表している。

 

しかもこの曲は前年の1991年に” Don’t Tell My Heart “という曲名で発表されてた曲をビリー・レイがタイトルを変えて、転調させて出したものだという。

 

1991年にこの曲を録音したのはTHE MARCY BROTHERSというカントリートリオ。

88年に結成されて91年に解散。2ndアルバムに収録されていた” Don’t Tell My Heart “は特に注目されることもなくトリオは消えていった。” Don’t Tell My Heart “は曲は” Achy Breaky Heart “とまったく同じ。サウンドは時代に合わせてハードなロックギターで彩っているがあくまでカントリーというスタイル。コンテンポラリー・カントリーとジャンル分けしているサイトもあった。うーん、このサウンドじゃあ、当時隆盛を誇っていたハードロック勢に埋もれてしまっただろうなぁ。1年前に自分たちで出した曲が世界的大ヒットを記録しているのに、自分たちは解散しているってどんな気持ちだろうか。想像ができない。

 

 

さらにさらに。本当はこの曲を最初に録音する予定だったのは1940年代から活躍するTHE OAK RIDGE BOYSだという。彼らは歌詞の「achy breaky」を嫌ってこの曲を見送ったんだそうな。

 

巡り巡ってビリー・レイはこの曲に出会い、スターダムをのし上がったということか。

この曲とビリー・レイを引き合わせたのは誰だったのか、自分で見つけたのか、調べた中にはそのような記事がなかった。

 

ともかくビリー・レイはチャンスを物にした。1980年から音楽活動を始めていたとあるので苦節も苦節の12年目で遂に夢がかなった。

 

” Achy Breaky Heart “が発売されたのが1992年3月23日、アルバム「Some Gave All」の発売が5月19日、愛娘マイリー・サイラスが生まれたが11月23日、激動の1年だったわけだ。

 

マイリーは、13歳の時に2006年ディズニーのドラマ「ハンナモンタナ」主演を獲得、ビリー・レイは父親役で出演し、親子共演を果たしている。マイリーはこの役でスターにのし上がった。5年間続いたドラマは大ヒットを記録し、2010年のマイリーの年収は30億円を超えたという。

 

 

2007年からはマイリー・サイラスとしてソロデビューし、アルバムも発表。こちらもヒットしている。

 

やれ一発屋だなんだと親子ともども言われるが、一発の大きさが違う。その後のアーティスト活動を支えて余るほどの成功を収めている。

残った記録だけを見るとアメリカンドリームだなぁで終わってしまうが、その裏には一曲を巡るドラマがあり、親子のドラマ、本人が誰にも話していないドラマがあるに違いない。

 

ぼくがドイツであの曲を聴いてから25年の間にこれだけのドラマが起きていた。驚く。

 

25年を経てのニュース。

ビリー・レイ・サイラスは芸名を「サイラス」に変えたという。何で今さら・・・

そして25年を記念して” Achy Breaky Heart “を再録音したという。

うーーーん、これは要らなかったな。特に変わってない上に、少し変わった分悪くなっている。

 

 

 

by VVN Music Lots of musicians have changed their name. Anthony Benedetto became Tony Bennett, Walden Cassotto became Bobby Darin, John Deutschendorf became John Denver, Stefani Germanotta became Lady Gaga, Madonna Ciccone became Madonna and Cherilyn Sarkisian became Cher. Most of the time, though, those name changes came early in their career before they were known by the public and, normally,

情報源: Billy Ray Cyrus Changing Name to Just “Cyrus”, Rerecords “Achy Breaky Heart”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket